ほんの少しの間、日本に帰ります。

どんな旅行になるか楽しみです。

また、戻ってからブログを再開したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。


b0171050_10202697.jpg


キークーは、お留守番です。

心強い同僚2人にお願いしてあるので、私たち夫婦よりも、きめ細かいお世話をしてもらって、

きっと大丈夫でしょう。

うまく立ち回って、いつもよりたくさん餌がもらえるかもしれません。

b0171050_10204123.jpg
では、行ってまいりま〜す!

[PR]
# by shutterbutton | 2016-11-15 10:26 | 日々の出来事
2016年11月11日


は〜。

大統領選挙が終わった後の、この疲れと寂しさと虚しさは何だろう。

とても現実とは考えられない。

コメディ映画でも観ているのか、と思いたくなる。



私の職場では、選挙の翌日、言葉を失い、元気を失っている人が多くて、空気が重く感じられた。

別の州では、これと反対のことが起こっているはず。


b0171050_11204838.jpg






この国の人の多くは、本当に調子がいい。

しかし、それがこの国を動かす原動力とも言える。

あんまり素直に従っていると バカバカしく思えてしまうことがある。

相手にうまく調子を合わせて、

いつの間にやら自分の都合のいいように持って行き、

ことを成し遂げる力は、私にはとても真似できない。





今回の選挙で気が済んだ人達の多くは、

何事もなかったふりを上手にしながら

調子をうまく合わせて生活を続けることだろう。

あーあ、ため息。










[PR]
# by shutterbutton | 2016-11-12 12:02 | 思ったこと
2016年11月4日

秋もだんだんと深まって、日の暮れるのも早くなった。

真横といってもいいくらいに斜めに傾いて差し込む光は、一部分をくっきり照らし出す代わりに、残りを真っ暗にする。

「こっちだよ〜」と、その傾いた光が照らすものを カメラで追っかけてみた。




b0171050_10201031.jpg






b0171050_10191795.jpg





b0171050_10195130.jpg






b0171050_10190230.jpg

紅葉は、ピークを過ぎたかな。

赤い色が減ると、そう思う。

でも、マンハッタンはまだまだこれから。




b0171050_10203889.jpg



今週末(日曜日の午前2時)、デイライト・セービングも終わって、暗くなるのがもっと早くなる。

みんなは、夜が長くて嫌だというが、私は秋の夜長が好き。

[PR]
2016年10月31日


引っ越して初めてのエリアでのハロウィーン。

あまり派手なデコレーションをした家がないなあ、とは思っていた。




そろそろ日が陰ってくる5時ごろ、商店街はコスチュームを着た可愛いトリック・オア・トリーター(Trick or Treaters)とその親御さんたちであふれていた。

お店の人達も、毎年恒例のことで、キャンディ(こちらでは、駄菓子の一般総称)を大量に用意し、お店の外で渡しているところもたくさんあった。

b0171050_09215779.jpg



マイケルジャクソンの”スリラー”がスピーカーを通して聞こえてくる。

その音楽に合わせて、おじさんたちが、踊りながらキャンディーを渡している。

商店街は、今年一番の活況を呈していた。



b0171050_10075078.jpg




一本、道を外れて住宅地に入ると、静かなものだ。

我が家の隣のアパートから”可愛い魔女ジニー”みたいな(新しいキャラクターかもしれない)格好をした3歳くらいの姉妹が、お父さんと一緒に出てきた。

みんな、商店街に向かっているようだ。




アパートの前で、スクールバスで帰ってくる子供を待つ女性に

「このエリアのハロウィーンは初めてなんだけど、前に私が住んでいたところと違って、子供たちは、普通のおうちには行かないのね」と話したら、

「もちろん、Noよ。だって、どんな精神異常者や危ない人がいるかもしれないし、とにかく知らない人の家のドアを叩くなんて、危険すぎるわ。どこか他の州から来たの?」

「いえ、ブロンクスなんだけど、もっと西の方の...」

同じブロンクスでも、こんなに違うんだ。でも、納得。




じゃあ、アパートのドアを叩いてくる子供もいないだろうな。

アパートの中では、アパートの中に住む人だけが、何かしらのサイン(ハロウィーンのステッカーや、パンプキンなど)を置いているドアだけを叩くという話を聞いていた。

2件隣のお宅のドアには、「危険!ゾンビがいます」と書かれた黄色いテープがベタベタと貼られていた。

とりあえず、うちのドアの前には、パンプキンを二つ置いてみた。


b0171050_09220930.jpg


結局、誰も来なかった。

コストコで大量に買ったチョコレートは、好きなのだけ自分用にして、残りは職場に持って行こう。

好きなのだけ自分用、ていうあたりは、子供と同じレベルだな。


b0171050_09571726.jpg





[PR]
# by shutterbutton | 2016-11-01 10:12 | 日々の出来事
2016年10月30日



生ぬるい。湿り気が、まるで春のようだ。

夕方雨、の予報。





ハロウィンなのか月末なのかはたまた、恐ろしや、ホリデー商戦始まりか、お店はどこも混んでいる。

スーパーで。



同じタイミングで入ったので、回るルートがほぼ一緒の家族連れ。

エスカレーターを上がり、お母さんは、左へカートを取りに。

5歳くらいの男の子は、「カークタス(サーボテン)!カークタス(サーボテン)!」と言いながら、飛び跳ねて、右に曲がる。

「おい、どこだ」とお父さん。

「ダディ、ここだよ〜 I'm here」


b0171050_08365345.jpg




サボテン(カクタス, cactus)や多肉植物は、この数年人気の、日本でもおなじみのインテリアアイテム。

多肉植物がイン、ということは全く知らず、純粋に多肉植物(彼にとってはこれもサボテン)が大好きなこの子が、とても気になった。





お父さんは買わないよ、と言って、野菜売り場に向かった。

「カークタス、カークタス!」、「カークタス、カークタス!」

「OK, OK, go and get it(取りに行っといで)」と根負けしたお父さんの声が聞こえる。




とても幸せそうに、5cmにも満たない多肉植物の鉢を持って店内を歩いていた。

途中、ビールの試飲のところで欲しそうにしていたが、お父さんにたしなめられていた。




突然泣き叫ぶ声。

さっきの男の子。



「Mom、僕のカクタスが〜」。

手には、土だけが入ったポット鉢。落っことしてしまったらしい。

お母さんは、笑いながらその鉢を手に取り、横の棚に置いた。

「また、取りに行ったらいいでしょう」
b0171050_08371439.jpg






帰りには、予定より早く雨が降り始めた。

でも、雲の流れからすると、アパートに帰る頃には、小休止がある。

ほら、雲の切れ間が見えている。

b0171050_08373171.jpg




おまけ。このストップサインには二つの意味があるようだ。
b0171050_08374287.jpg
(誰かが貼ったステッカー)











[PR]
# by shutterbutton | 2016-10-31 09:15 | 日々の出来事
2016年10月29日



ようやくと、いくつかの行事が終了。

どれも大したことではないのに、私の中は、それでいっぱいになる。

でも、無事に終わった。




慣れない靴を履いていたせいで、足が痛くて、歩くのが辛い帰り道。

でも、この夕空を前に見ながらだと、割と歩けた。

b0171050_08302773.jpg


家に帰る前に、少し流れを変えて、そしてゆっくりしたい気分。

ちょっと寄って行こう。

「一人打ち上げ」は、本屋さん。

2件はしご。




至福のひと時に浸ること約2時間。

靴がだいぶ窮屈に感じる。

そろそろ帰ろう。

ほろ酔い気分で、「お勘定」。




それにしても、紀○國屋さん、1500円の雑誌に、税込で26ドル(2700円)って、ちょっと高すぎやしませんか。



[PR]
# by shutterbutton | 2016-10-31 08:36 | 日々の出来事
2016年10月28日



自慢にはならないが、私はよく物を失くす。

外出中にうっかりと落としたり、置き忘れたりする類。

帽子、手袋、カメラのケースなど、何度落としたことか。

お財布、定期、メトローカード(地下鉄・バス用のプリペイドカード)などを失くしたことも何回かある。

気がついたら、ない、というケースもあれば、逆に後でひょんなところから出てきて、失くなっていた、ということに気がつかないケースもある。


b0171050_13331092.jpg



奇跡的に戻ってくることもあった。




一度は、電車の中。

財布を落としていた。

お客さんが見つけて車掌さんに渡し、その車掌さんが、私の連絡先を探して電話をしてくれて、初めて知った。

財布の色、形を電話で確認し、「あなたの駅に私が乗車している電車が4時20分に着くから、ホームで待ってて」。

車掌さんが真ん中の車両の窓から「ここよ〜」と手を振ってくれた。サンキュー、サンキュー!

なんとラッキーな!

b0171050_13462356.jpg




一度はスーパーの中。

買い物を済ませ、バス停に行くと、あれ、メトロカードがない。

バスに乗ってここまで来たのだから、そのバスの中、もしくはスーパーの中だ。

スーパーに戻って床を見ながら歩いていると、

目の前にヒョイ、とメトロカードのケースが現れた。

「これ、あなたのでしょ」と、店員さん。

「そ、そう!」ビックリする私に「確認の身分証明は、いらないよ、この写真の顔だもんね」。

メトローカードのケースに職場の身分証明書を入れておいたのだった。サンキュー!

しばらく手が震えていた。


b0171050_13460271.jpg




いやまあ、あれこれやっている。

いい加減に過去の経験から学べないか。

さすがに最近は、メトロカードケースはバッグの所定のポケットに入れ、ジッパーはきちんと締められているかを確認、車内で席を立つ時は、座席を振り返る、といった習慣が身についた。

b0171050_13595594.jpg




で、今日。

あれ、メトロカードのケースがない!

カバンを替えて出かけたあの時だ。

あのお店で落としたか。

中には定期を買うためのクレジットカードも入っている。

またやっちゃったー。

ウェブサイトでチェックすると、まだカードは使われてはいないようだ。

カード会社に連絡しなければ。


b0171050_13593100.jpg



主人が帰って来た。

うなだれる私に「どうしたの?」「メトロカードとクレジットカード失くした」。

「えー、いつ?」

慎重派の主人にとって、私みたいなのは信じられないらしい。

でも、以前よりかなり落ち着いている。慣れたものだ。



「いつもここに入れるんだけど」と私が言った途端にそのバッグの中をチェック。

そしたら、、、あった。

ポケットは思った以上に大きくて、まるでコンタクトレンズがまぶたの奥にある、みたいな、考えられないところにあった。

がくっ。

「はい、晩ごはん、食べるぞー」

呆れた主人と、気が抜けて、何故か笑いが止まらない私。

b0171050_13341538.jpg

人生の「グッド・ラック」の持ち分をかなり使い果たしているような気がしている。

感謝。












[PR]
# by shutterbutton | 2016-10-29 14:13 | 日々の出来事
我が家には、ふたつのマスコットが居る。



b0171050_08462026.jpg

アザラシみたいな「小さいマスコット」とクマみたいな「大きいマスコット」。



共通点

  • お腹の出具合

  • 出されたものは全部食べる

  • よく寝る

  • 癒し系




相違点

  • 大きなマスコットは、小さなマスコットの世話をするが、その逆はない



b0171050_08463741.jpg

どっちも可愛い。

[PR]
# by shutterbutton | 2016-10-25 09:00 | 思ったこと
2016年10年22日



昨日、いや、さっきまでの生ぬるい空気はすっかりなくなり、

稽古場から外に出てみれば、風が強くて寒くて、マフラーと手袋を持って来ればよかったと思った。




地下鉄のホームに入って、強風から解放され、ホッとした瞬間に目に入ったのが、このポスター。

ハロウィーン向けの、気味が悪くて怖そうな映画のポスターに混じって、ひときわ清楚に見えた。

b0171050_01180408.jpg

大好きなストロベリーアイスクリーム色。

フェルト地の帽子の柔らかそうな感触。

子供の時、こういう感じのスカートを持っていたなあ。

これは、私のツボにはまった。



さっきまで冷房が入っていた地下鉄の中には、暖房が入っていた。

帰ったら、アパートにも'この秋・初'の暖房が入っていた。




YouTubeで, 初めてLADY GAGAを聴いてみた(かなり乗り遅れてます)。

1回聴いただけじゃあ、まだよくわからないけど。

私みたいなおばさんにまで興味を沸かせたLADY GAGAのポスター。

宣伝効果は大きいんじゃないかな。



[PR]
2016年10月19日

車で2時間弱、北へ行ったところにある、ニューヨークのミネワスカ州立保護区(Minnewaska State Preserve)へ。


b0171050_10220657.jpg



もう紅葉は終わったかな、と思いきや、

いきなり飛び込んで来た景色に

刺激の少ない日常ばかりを映してきた私の眼は、

どうしていいかわからない感じで、キョトンと大きく開き、

まぶたは、その眼の上を、ストン、と落ちては上がり、落ちては上がり、、、。


目を大きくしたかったら、こういう景色を見れば良いのかも。

b0171050_10210997.jpg


b0171050_10212185.jpg


b0171050_10214462.jpg




空気も美味しかった。

子供の頃、お寺の匂いと思っていたのは、実は森の匂いだったんだ。

目ばかりでなく、肺の保養にもなった。







b0171050_10482337.jpg
b0171050_10483566.jpg


最後に、カフェに寄って食べたフィッシュ・タコスと”洋梨とキャラメルのスポンジ丸出しケーキ(Pear and Caramel Naked cake 長い名前)”は、

目と心とお腹の保養になった。


[PR]
# by shutterbutton | 2016-10-20 11:02 | 日々の出来事